思い通りのスタンド花が注文できるフラワーショップ

スタンド花を当日配達

急ぎのときはスタンド花を東京23区、横浜市・川崎市、埼玉・千葉の一部イベント会場、大阪市、福岡市に即日で配達可能な花屋がおすすめです。それ以外の地域も翌日着で贈れます。※一部地域と時期を除く

値段は業界最安値の1万円から注文可能なので、安くて豪華な花をお祝い用に急ぎで贈りたいときにもおすすめです。

 


≫スタンド花の詳細はコチラ≪

スタンド花はお祝い用に喜ばれる贈り物

スタンド花は開店祝いや祝勝会、創立記念などへの贈り物として喜ばれるお祝い花です。

政財界や一流企業からの評判通い花屋を利用すれば、豪華な花を安い価格で贈ることができます。
送り主の社名や名前が花に付きますので出来るだけ立派な花を贈りたいものですね。

実際に届いた花を見ることができない場合が多いので、どんな花が届いたのだろうと不安になる方も多いと思います。

実は、花屋によって花の仕上がりにかなり差があるのが現状です。
同じ値段でも花屋によっては出来が異なります。

また、デザインは作り手のセンスの良し悪しに影響される事があります。

スタンド花は開店祝いに贈ることが最も多く、次にコンサートやライブ、劇場などへのロビー花としても利用されます。

開店祝いの相場は15000円~3万円で、最も多いのは2万円。

コンサートやライブ、劇場へ贈る花の相場は15000円~5万円で最も多いのが3万円。
アーティストや女優さん、俳優さんへのお祝花なので多少値段も上がっています。

スタンド花の回収は配達した花屋が引取も行います。
回収時期は届け先の指示に従う形ですので依頼主は安心です。

スタンド花の立札について

スタンド花には立札というプレートが無料で付きます。
これは熨斗(のし)の代わりとされるものです。

熨斗と同じように「送り主」の名前を書く形が一般的です。

開店祝いやコンサートなどの場合は、「受取人」と「送り主」の両方を書くこともあります。

立札は、縦書と横書きの両方に対応しています。カタカナやアルファベット、数字などが多い場合は横書きにすると読みやすいです。

祝字についてわからない場合は「祝」や「御祝」としておくと、ほとんどのお祝い事に適した祝字となります。

自作やオリジナル立札

コンサートやライブにスタンド花を贈るとき、通常の立札では目立たないという理由から、立札を自作で作る人も多くなっています。

立札を自作される場合は届け日よりも前に余裕を持って花屋まで郵送、または持参すれば花につけて配達可能です。

スタンド花の呼び方

スタンド花には次のような呼び方がありますが、生花の場合はどれを使っても同じ意味です。

「フラスタ」「花輪」「花環」「花スタンド」「スタンドフラワー」「段花」

花輪と花環に関しては下記のような造花の商品も存在しますが、現在は利用するシーンが減っています。

数え方に決まりはありませんが、「1基」「1台」「1本」などと呼ばれる場合が多いです。

注文時のポイント

大きくてボリュームのある花を注文するときのポイントを紹介します。

花というと届け先に近い花屋に発注する場合が多いですが、届け先がオフィス街であったり、繁華街であったりした場合は、その近辺にある花屋の価格設定が高い場合があります。

そのようなところへ最低価格の花を注文した場合、ボリュームもなく、大きさも感じられない仕上がりの花が届くことがよくあります。

立地的に良い場所にあるので販売価格も高いです。同じ値段、同じ商品タイプでも花屋によって差が出るのはそのためです。

お祝いの気持ちを込めて贈る花なので、出来れば見栄えの良い物を贈りたいですよね。

ポイントとしては、届け先が有名な繁華街(銀座や赤坂など)、駅前のオフィス街だったりした場合は、その近辺の花屋ではなく、隣の市区町村の花屋を候補に入れるのがオススメです。

同じような金額でこのような差がでないようにしましょう!

探しても見つからなかった、どのように注文すればいいかわからない、急な日程で今日明日中に届けたい、安くたくさん注文したい、という場合におすすめできる花屋です。

かなり広い範囲を配達エリアにしています。
仕上がりも偏りが少ないので同じクオリティの花を届けたいときに役に立ちます。

スタンド花の日持ち

見た目に豪華なスタンド花ですが、生花なのでその日持ちはだいたい1週間前後。
季節や置く場所によって変わりますが、地域によっては使われている花を新鮮なその日のうちに配ることもあります。

ピアノ発表会やリサイタルなどへの花も、一日だけの場合が多いのでその日のうちに出演者や関係スタッフに配れれることが多いです。

スタンド花のイメージ

街中を歩いていると、鉄のスタンドに華やかに生けられた花束に目を奪われることがありますね。あれがスタンド花です。主に開店祝いや公演祝い、発表会などに贈られます。

高さや横幅があって、華やかな花が美しくアレンジされて目立つことから、店舗のオープンや舞台公演をお祝いする花として人気があるものです。

スタンド花と聞くと、芸能人や企業の社長などが贈る高額なフラワーギフト、という印象がありませんか?

たしかに、スタンド花は上記した通りサイズが大きく、花がたくさん使われているために高級そうな印象がありますが、実はそう敷居の高いものではないのです。安い花屋を利用することで1万円台という値段で購入することができます。

「知り合いにがあり、スタンド花でお祝いしたい」と思ったとき、ただきれいな花を集めるだけではいけません。花を選ぶ際は、届け先の雰囲気や、受け取る人のイメージにふさわしいお花を贈ることが大切です。

例えばシックな大人の雰囲気のお店に、暖色系のポップな明るいスタンド花があったら違和感が出てしまいますね。
せっかく贈り物をするならば、相手にも喜んでもらいたいところですよね。

なので、花のこと、相手のことがよくわからない場合は、花選びやデザインなどの仕上がりをプロの花屋にお任せがするのがおすすめです。

どのようなお祝いイベントに贈るものなのかをはっきりさせておくと、慣れている花屋であれば、用途にふさわしい花を選んで制作してくれるでしょう。

それでももし、仕上がりの希望があるならば、好きな色や好みのデザインなどを事前に伝えておくと自分の希望イメージに近い祝花を贈ることができると思います。

ただ、あまり細かく注文を付け過ぎるのは危険です。値段が高くなったり、花の組み合わせや全体のバランスが悪くなってしまったりすることがあります。スタンド花のカタログもあるので、花屋と相談しつつそこから選ぶのが無難かもしれませんね。

贈るときに気をつけることがもうひとつあります。スタンド花の上に付いている「御祝」「○○様江」と書かれたプレートを目にしたことはありませんか?

あれは名札(立札)と言って、スタンド花における熨斗(のし)のようなものです。花以外の贈答品には熨斗を付けるのが一般的ですが、スタンド花の場合はこのような札として付けるのが贈答マナーとなります。

この名札には、基本的には送り主の名前だけを書きますが、開店祝いには相手のお店の名前、公演祝いなどには出演者の名前と送り主名の両方を書く場合もあります。熨斗の代わり、送り主を明らかにする意味でも、お祝い事には付けて贈るのがよいでしょう。

尚、熨斗の代わりなので、相手(受取先)の名前等は書かなくても失礼にはなりません。また、相手が身内の場合や、仰々しくしたくない場合などは名札なしで贈ることもあります。

名札のほかにも用途によって書き方や字の色や配置、バランスにもある程度マナーがあります。よくわからない場合はデザイン同様、花屋におまかせすると安心です。

スタンド花は、もちろんお祝いの意味合いもありますが、飾られている花の前を通るだけで多くの人の目に留まります。

こちらからのお祝いの気持ちを贈ることが出来て、尚且つ届け先を華やかに演出したり、宣伝・集客効果も見込めるものです。贈る側も受け取る側にも多くの利点がある祝花になります。

贈答シーンにマッチした場合は大変喜ばれるフラワーギフトですので、機会がありましたら是非ご活用頂ければと思います。

スタンド1段と2段の違いとは?

お祝いとしてスタンド花を贈るときに一番大切なのは、相手を思いやる気持ちであるのはお話ししましたね。喜んでいただくには、思いやりは必要不可欠なものです。しかし、それだけでは上手くいかないところもあります。
今回は、考えなければいけないことのひとつとして、花のボリュームについてお話しします。

なにかの式典や、大きな会場に行ったことはありますか?
受付や会場の中には、参加者や支援者から贈られたスタンド花が飾られていますよね。街中でたまに見られるのとは少し違う、大きな花束と小さなものが二段になったスタンド花が見られます。
実はスタンド花には、1段のものと2段のものがあるのです。

1段というのは、上の段だけで作られたスタンド花のことを言います。開店祝いに贈られるスタンド花は、その多くが1段になっています。よく街中で見られるもののことです。
スタンド花は1段でもじゅうぶんに華やかな印象がありますよね。くわえて、2段のものは上段に大きな花束、下段に小ぶりの花束がアレンジされます。1段よりもボリュームと華やかさが増して、明るく場を飾ってくれます。豪華な花を贈りたいのであれば、2段のスタンド花を依頼するのがよいですね。

豪華なものがいいからといって、どんな場合でも2段のスタンド花を贈ればいいわけではありません。
2段のスタンド花は、一般的にお祝いの時に使われます。2という数字には「重なる」「繰り返す」といった意味もあるので、お悔やみに贈るものとしては縁起が悪いとされています。ただ華やかになるからという理由だけではないんですね。
逆に言えば、お祝いのときであれば2段のスタンド花を贈っても大丈夫ということになります。

ここまでお話しすると、お値段が気になってきませんか?
開店祝いのスタンド花の値段は、1段のものだと15,000円からが相場ですが、さらに見栄えの良い2段になると、20,000円~25,000円ほどになります。豪華になるぶん金額もはね上がるので、そのことも頭に入れながらお選びください。

お祝い事でスタンド花を贈る際には、お祝いにふさわしい花になるように気を付ける必要があります。それぞれの花言葉や、どんなときにどの花を選ぶものなのか、本職でもなければ把握しきれませんよね。好きなように選んで、知らないところで恥をかくのもいただけません。
なので、花屋にお祝いであることを説明し、お祝い用のスタンド花をアレンジしてもらうのが安心できる道となります。
花屋によっては、値段交渉に応じてくれるところもあります。名札を無料でサービスしてくれる店も多く、お届け後の回収も無料で行ってくれるようです。

ちなみにこのスタンド花、お店によっては呼び方が違うようです。スタンドフラワーや花スタンド、段花などと呼ばれていることもあるみたいなので、混乱しないようお気を付けくださいね。

おしゃれなスタンド花

スタンド花もセンスの良いデザインのものが喜ばれます。
一般的なパイプではなく、アイアンスタンドを利用したものがデザイン的にもGood!

おしゃれなスタンド花は美容院やアパレルブランドの開店祝いなどに贈るときにおすすめです。見た目やデザインが良くて値段も通常のタイプと変わりません。

ハイセンスなモデルや芸能人なども御用達のおしゃれスタンドです。

おしゃれなスタンド花

さらにおしゃれに仕上げたい場合は、色味を統一すると印象が良くなります。

赤色は大人っぽい情熱的な印象に仕上がります。
誕生日や結婚祝いに贈ると喜ばれます。

紫色はシックでスマートな印象に仕上がります。
大人の女性向けに贈ることが多い色味です。

黄色は華やかで明るく、元気な印象に仕上がります。
マルチな用途向けにおすすめの色味です。

白グリーン系はハイセンスで洗練されたイメージに仕上がります。
どんなシーンにも利用されることが多いおしゃれの代表色です。

色味を同系色で統一し、アイアンのデザインスタンド花で手配すればおしゃれな贈り物ができます。

最も早くスタンド花を届ける方法

スタンド花を急いで都内23区に贈りたい場合は、ネットから午前中にカード決済で注文すれば間に合います。

電話やFAXのほうが早いと勘違いする人がいますが、ネットが一番早いです。

電話やFAXの場合は、発注内容を手打ちで再入力するため、準備に時間がかかります。
そして、注文後の請求金額確定になるので入金と着金確認に時間がかかります。

また、口頭での聞き間違い等による字の間違いも起こりやすくなります。

最も早く確実に間に合わせたい場合は、サイトからのカード決済がおすすめです。

スタンド花の仕上がり

急ぎの注文なのでスタンド花の仕上がりはおまかせとなります。
画像の中から選んでも、使用花材が異なります。

おまかせの場合は値段に合わせてボリュームアップで作ってくれるので安心です。

スタンド花の配達時間

即日配達の場合の届け時間の指定はできませんが、公演やコンサートなどで開演時間が決まっている場合は注文時に必ず伝えましょう。

尚、午前中の正午ぎりぎりに注文して、午後1時とか2時には届きません。
花本体や立札、伝票類の作成、配送者への積み込み、配送等の時間が必要になります。
基本的にスタンド花は作りおきはしていませんので、注文して1時間後に届くことはありません。

ただし、できるだけ早めに注文しておけば、その分早く届くことになります。
例えば現在の時間が夜中でも、ネットから早めに発注しておくことで、翌朝の注文確認が早くなります。

急な手配も対応していますので、スタンド花の即日配達をうまく利用しましょう。

公演祝いのスタンド花

スタンド花をアーティストのコンサートやライブに贈りたい。
他の花より目立ちたいときにおすすめのスタンド花があります。

コンサートライブにはたくさんのお祝いスタンド花が届きますので、普通の仕上がりだと埋もれて目立たちにくくなります。

せっかく贈るのですからできるだけ目立って欲しいですよね。

コンサートライブで目立つスタンド花

コンサートライブで自分のスタンド花を目立たせる方法は、色味と大きさが重要になってきます。

色は目立つ色がおすすめです。または、一般的な赤やピンク、黄色といった色だと他のスタンド花にかぶることがよくあります。

目立つためには一般的な色ではない、青や紫、茶色といった色で注文するのがおすすめ。

大きさについては、大きければ大きいほど目立ちますが、限界もあります。
搬入できるサイズであることが最低条件です。

高さ的には3メートル以内、横幅も150センチ以内となるでしょう。
ただ、コンサートライブ会場や主催者の規定でスタンド花のサイズ制限をしているところもあります。
事前に確認しておきましょう。

開店祝いのスタンド花

スーパーやコンビニの開店祝いに送るお祝いの品として、スタンド花や蘭の鉢植えのフラワーギフトが喜ばれるのでおすすめです。

自分で依頼する方法としては、いつでも利用できるネットの通販なら金額やサービス内容を比べて購入できるのは、わざわざ注文しに出向かなくていいので、簡単に依頼することができます。

花ギフトがどうして喜ばれるかと言えば、受け取る側の好みを考えなくて済むことと同時に、優しい気持ちになれることというのが大きな点だと思います。

色の綺麗さと香りの良さで先方にとって良き記念日となるように気持ちを届けてくれます。そのような効果をもたらせてくれるのが花や植物だと思います。

花以外で、飾り物や食品を贈っても相手の好みがわからないと喜んで貰えなかったり、用途にそぐわなかったりする可能性があります。贈答先に届いてから、扱いに困らせることなく受け取ってもらうためには、フラワーギフトが最適だと思います。

参考までに、新規事業のお祝いとして最も多い値段として、法人なら2万円、個人なら1万5000円ほどなら問題ないようです。贈答品を送る先方との取引関係の大小で予算の組み方も変わるというのが普通と思いますが、心配なら税別で3万円以上のものであれば十分でしょう。

お祝いの気持ちを届けるために、花には【立て札】というメッセージが熨斗(のし)の代用として花につけて届けることが慣例となっています。記載する内容としては、用途と花のタイプに合わせて多少変わってきますが、通常は送り主の名前と祝字として「御祝」等を付けるのが無難です。

お祝い用スタンド花などのお届け日については、業務開始日の当日に配達されることが良いようです。数日前から予約をしておくことで細かな時間指定もできますが、急いで手配したいときなどは即日配送対応の花屋が役に立ちます。

どこの花屋でも最低1万5千円から注文可能なスタンド花が、最安値の1万円で購入することができます。ただし、全国展開している花屋ではないので配送は、東京の23区内と大阪市内で最短で当日配達してくれます。スタンド1段花なら他県へ宅配便による配送もしているのがこの花屋の特徴です。

アレンジフラワーとスタンド花、または胡蝶蘭のどれにするか迷うときは、受け取る側の業種で選ぶと良いですね。

例えば花を飾るスペースがあるお店の場合は宣伝やPRにもなってくれるスタンドのスタンド花が喜ばれます。

新規に開店されるショップへの贈答花を選ぶときに失礼のない贈り物は、やはりスタンド花か又は、花の中で最もハイグレードであり、とても長持ちする胡蝶蘭になります。

金額によって花の色や大きさ、本数の仕立ては変わってきますが、一番安い花屋の通販なら大輪でも1万円、相場の半額程度で注文することができるようになっていますのでおすすめですよ。

バルーンスタンド

風船のデコレーションがされたバルーンスタンド花を贈りたいときはこの人気ショップがおすすめです。

個性的で目立つバルーンが豊富に揃っていますので、他のスタンド花よりも目立つことが出来ます。


【バルーンスタンド花】

アルファベットやキャラクターのバルーン、可愛いバルーンやクールなバルーンなども揃っています。

結婚祝いや開店祝いに送るギフトとして人気です。
コンサートやライブなどへのお祝いにも人気で喜ばれます。

デザインや色が豊富なので自分の好みや相手の好みに合わせたバルーンスタンドを送ることが出来ます。

値段はスタンド花より2割~3割ほど高くなります。平均して2万円以上が一般的な相場です。

バルーンスタンド花は風船と生花を組合せるアレンジになりますが、バルーンが多めとなるのが一般的です。

夏場の暑い時期は生花だと枯れてしまうこともありますが、バルーンスタンドなら萎れることがないので安心です。

スタンドタイプだけでなく、サイズの小さなバルーンアレンジも扱っています。
予算や用途に合わせて選んで送るのがおすすめです。


【バルーンギフト】

配送方法は基本的に直接配達となります。エリアはショップに寄って異なりますので事前に確認して下さい。
バルーンアレンジメントのタイプは全国発送に対応しています。

立札も付けられますし、バルーンスタンドの回収も対応しています。

花キューピットのスタンド花

開店祝いや祝賀会場などに贈るスタンド花はお花屋さんネットワークの花キューピットが有名です。
全国送料無料の花キューピットでは、いつでも安心便利、手渡しでお客様の思いを先様にお届けします。

スタンド花は、開店祝いや開業祝いに贈るだけでなく、劇場や発表会の会場、その他イベント会場などに飾られて会場の雰囲気を盛り上げています。

そんな豪華なスタンド花をお届けするのが、安心と信頼のお花屋さんとして評判の花キューピットです。

お客様に満足していただけるスタンド花をお届けしている花キューピットですが、販売中のスタンド花の種類には胡蝶蘭を使って作られたスタンド花がありません。

綺麗な花の中でもひと際豪華さが目立つ胡蝶蘭ですが、見た目の美しさと鉢植えの胡蝶蘭には「根付く」という縁起の良い意味があるのも好まれて、お祝いのシーンによく登場する理由です。

人気のある大輪胡蝶蘭のスタンド花を送りたいときは胡蝶蘭のスタンド花を作れる花屋がおすすめです。

大きなスタンド花は、かなりの場所を取りますから、贈り先の会場の広さやオフィスなどの広さも考慮して、大き過ぎる、スペースがあるかわからないような場合は、フラワーアレンジや胡蝶蘭お鉢植えなどのちょうどよいものを選びます。

また、生花の持ち込みができない会場もあります。そんな時はブリザードフラワーがおすすめです。

ブリザードフラワーとは、生花や葉を特殊液の中に沈めて、水分を抜いたもので、生花と違って、長い間楽しむことができます。飲食店に贈るときなどは参考にして選ぶことをおススメします。

スタンド花を贈るお店を選ぶなら、信頼と実績で安心な花屋をお選びください。

お祝いやお悔やみにもスタンド花

お祝いやお悔やみなど、様々なシーンでスタンド花は活用されています。その中でも一番利用されることが多いのは、やはりお店の開店祝いや事務所の開設祝いでの場面でしょう。
スタンド花はただ華やかな印象を我々に与え、雰囲気を出すだけではありません。店先に飾られていると「ここのお店は新しく開店したんだな」と一目でわかりますよね。お店の宣伝にもなるのです。スタンド花にはそういった効果もあるために、贈る際はお祝いの気持ちを表すためではなく、開店するお店の雰囲気に合ったものを選ぶ必要があります。

そして、送り先の広さについても考えなくてはなりません。個人事業のこぢんまりとしたオフィスに巨大なスタンド花を贈られたら、いくらお祝いといえど困ってしまいます。相手がどれくらいの広さの場所に開業するのか、送ったスタンド花がどれくらいの人目にさらされるのかを考えることも大切なのです。

スタンド花の大きさはさまざまですが、かなり大きいです。一番小さなものでも高さが1メートル、幅は5、60センチほどはありますし、よく見られるものでは、高さは1.7から1.8メートル、幅は一メートルを超えてきます。高さはわかりやすいですが幅はちょっと想像がつきにくいところがありますので、飾る場所のリサーチが終わったら花屋に言って実物を見せてもらってもいいかもしれませんね。

スタンド花の価格は、全体の大きさや使用する花の種類などによって様々ですが、一般的に使われているものの多くは1万円~3万円程度の価格になります。
もちろんこれは平均的な相場の話です。必ずしもこの価格帯に収めなくてはならないというわけではありません。自分の贈りたい花や相手の好みの花が高価だったなら、もちろん値段はもっと高くなります。そのときの花の価格相場によって違ってくることもあります。あくまで目安としてお考え下さい。

なので、スタンド花を注文する際には、花屋にあらかじめ予算を伝えておくことが重要になってきます。そうすることで花選びの相談がぐっと進みやすくなります。
例えば、選挙事務所に贈られているスタンド花には胡蝶蘭が多く使われています。この胡蝶蘭は見た目にも豪華なので、開店祝いのスタンド花でも目にすることが多いのではないでしょうか。胡蝶蘭は高価なので、スタンド花のメインに添えたりすると、やはり値段は上がります。

余談ですが、胡蝶蘭はなぜスタンド花に多く使われるのか不思議に思われたことはありませんか?
胡蝶蘭は高価なうえ豪華でよく目立つので、贈りがいがある、というのも人気の理由のひとつですが、それだけではありません。胡蝶蘭は「幸福が飛んでくる」という花言葉を持つ、非常に縁起のいいお花になります。お祝い事の贈り物としてはぴったりですよね。

よく使われるものとして胡蝶蘭を挙げましたが、他にも花屋には豪華で綺麗なお花がたくさん並んでいます。人気がある、ということは頼まれる母数が多いということです。ほかの贈り主のかたと被る可能性もあります。相手を思いやる気持ちや飾られる場所を加味しながら、じっくり選んでみるのもひとつの手ですね。
今まで花に興味があまりなかったかたも、花を選ぶ機会に一度観賞してみてはいかがでしょうか。花言葉だとか大きさだとか、気をつけることをいくつも述べてきましたが、花は理屈抜きで心を穏やかにしてくれますよ。